「ビッグバンから現代社会まで」を貫く境界のない教育プログラムの開発

更新日 2004年 2月 3日 (火)
平成15年度  萌芽研究    研究代表者 福井康雄
 目的
 (New)
人文社会系小研究会のお知らせ
 理系小研究会のお知らせ
 メンバー
「境界のない教育プログラムの開発」小研究会・自然科学編

<平成15年度科学研究費補助金 萌芽研究:
「ビッグバンから現代社会まで」を貫く境界のない教育プログラムの開発
(代表者:福井康雄)>

日時:12月 9日(火)13:30−17:40
終了後,交流会(18:00−19:30 会費 3,000円程度)
場所:名古屋大学東山キャンパス内 東山グリーンサロン会議室

開催趣旨:

科学研究の最前線は細分化,たこつぼ化の一途をたどってきましたが,
これは教育と研究の両面に弱体化をもたらしています.研究活動の全
体像を展望を高い視点から俯瞰して学生に伝え,生きた問題解決力を
育てる努力が不可欠です.しかし,既存のプログラムの多くは,分野
毎に閉じていたり,個別分野の単なる寄せ集めの域を出ていなかった
りのようです.

本研究会では,大学の自然科学教育における「境界のない」教育プロ
グラムを開発する意義と方法論を共に考え,参加者のそれぞれの試み
と課題をご紹介いただき,今後の方向性を議論する場としたいと思い
ます.関心をお持ちの方々のご参加をお願いします.

萌芽研究申請の目的については,以下のホームページをご参照下さい.

http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/houga/houga.html

参加申し込み:

講演者以外で参加をご希望の方は,末尾の申し込み票に必要事項をご
記入の上,渡邊誠一郎の電子メールアドレス

seicoro@eps.nagoya-u.ac.jp

まで,お申し込み下さい.会場の都合で参加者数は35名程度が限度で
すので,申し訳ありませんが,先着順とさせていただきます.


プログラム:

13:30−13:35 はじめに
渡邊 誠一郎(名古屋大学環境学研究科)

13:40−14:00 「境界のない教育プログラム」構想
福井 康雄(名古屋大学理学研究科)

14:00−14:20 数学で表現すると?
宇澤 達(名古屋大学多元数理科学研究科)
14:20−14:40 物理学から見た...<仮題>
水野 亮(名古屋大学太陽地球環境研究所)
14:40−15:00 ロマンチックサイエンスー生命と地球の共進化を考える
伊藤 繁(名古屋大学理学研究科)

<休憩(20分)>

15:20−15:45 自然哲学する学生を育てる試み
−森羅万象セミナー・学校の実践−
倉本 圭(北海道大理学研究科)
15:45−16:10 インターネットを活用した理科教材開発
−小中学校の理科から生涯学習における地球史DBまで−
川上 紳一(岐阜大学教育学部)
16:10−16:30 「人類生存のための科学」紹介<仮題>
戸田山 和久(名古屋大学情報科学研究科)

16:30−16:50 10分クリップ教材ビデオの上映
福井 康雄(名古屋大学理学研究科)
16:50−17:10 授業受講者の理解を支援する教材作成の試み
後藤 明史(名古屋大学情報メディア教育センター)

17:10−17:40 総合討論

18:00−19:30 交流会


------------------------------------- 切取線 --------------------

「境界のない教育プログラムの開発」小研究会・自然科学編
参加申込書

氏名:
所属:
専門分野:
電子メールアドレス:

交流会参加の有無(会費3000円程度です)

参加します/参加しません

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
www-admin@a.phys.nagoya-u.ac.jp