世界の「宇宙の謎」

宇宙についての疑問は、洋の東西で違ったりするのでしょうか?

ユーロサイエンス・オープンフォーラム(ESOF)2008に出展した際に会場でアンケートをとってみました。寄せられた「謎」の一部を紹介します。

¿Qué quiere usted saber sobre el universo?

スペイン・バルセロナで聞きました「宇宙について、あなたの知りたいことは何ですか?」

  • ¿Podían los humanos vivir en otra planetas? (人類は他の惑星で生活できますか?)
  • Quiero saber si el univrso es inifinito. (宇宙は無限なのかどうか知りたいです)
  • ¿Es posible conocer cuantos agujeros negros hay en el Universo? (宇宙にブラックホールはいくつあるかわかりますか?)
  • ¿Hay agujeros negros cercanos a la tierra? (地球の近くにブラックホールはありますか?)
  • ¿Podremos "entrar" algun dia en un agujero negro? (将来、ブラックホールに「入る」ことができるようになりますか?)
  • ¿Es lo mismo la matéria oscura que la antimateria? (ダークマターは反物質と同じ物ですか?)

アンケートに答えてくれたのは地元スペインの方だけでしたが、こうしてみると日本人の「宇宙の謎」と大きな違いは無いように感じられます。インターネットが普及して情報が共有されるようになると、世界中みんな似たようなことを考えるようになるのでしょうか。機会があれば、別の場所でも「宇宙の謎」を聞いてみたいと思います。

おまけ

ESOF2008では「宇宙100の謎」ブースの隣は、CSIC(スペイン高等科学研究院)の海洋生物学グループのブースだったのですが、そこの方が「宇宙に星はいくつあるの?」のポスターを見て一言、「星は1022個あるのね。海に住んでるバクテリアと同じぐらいだわ」

曰く、海の中には1027ぐらいのバクテリアがいるのだそうです。あれ?バクテリアの方が10万倍も多いじゃ無いですか…