「宇宙100の謎」とは?

プロジェクト「宇宙100の謎」について紹介します。 どんな質問があったの?よくある質問は?

「宇宙100の謎」の紹介を見る

宇宙の「謎」

皆様からの疑問に科学者が回答します。「宇宙に星はいくつあるの?」などの定番の疑問や、物理の本質に鋭く迫る質問、そして難問奇問まで。

「謎」とその回答を見る

世界の「宇宙の謎」

宇宙についての疑問というのは、洋の東西で違ったりするのでしょうか?海外でも聞いてみました。

海外で聞いた「宇宙の謎」を見る


「宇宙100の謎」が本になりました

皆様からいただいた「謎」の中から、選りすぐりの100問が『珍問難問・宇宙100の謎』(東京新聞出版局)として刊行されました(2008年10月)。「宇宙はなぜ宇宙というの?」「太陽・星・銀河までの距離はどうやって測る?」「宇宙は何色?」などの疑問に答えています。(2011年、加筆修正して文庫化されました、『宇宙100の謎』角川ソフィア文庫)

皆様からの反響にお応えして、続編『宇宙100の謎2』(東京新聞出版局)を刊行しました(2012年)。「星の大きさに上限はあるか?どうしてそれ以上大きくならないか?」「月の引力で潮の満ち引きが起きるのにピンポン球は動き出さないの?」「宇宙が広がってるのに、何も感じないのは不思議」「宇宙人から見たら地球人はグロテスクか?」など、『宇宙100の謎』で取り上げた質問に勝るとも劣らない鋭い質問を、100問収録しました。