名古屋大学 大学院理学研究科 天体物理学研究室 なんてん電波天文台
メニュー

トップ > 研究成果 > カリーナフレア
 

研究成果

カリーナフレア

 

 「なんてん」による分子雲観測(白線)と遠赤外線(カラー)。超新星爆発の結果、爆発が周りに次々と伝わって、それが周囲のガスを圧縮し濃い分子ガス雲に成長し、その中で星が次々と誕生している大きな卵形のシェル構造を世界で初めて発見しました。


→戻る

 

	(c)Copyright 2006,Radio Astronomy Laboratry, Department of Physics, Graduate School of Science, Nagoya University.